〒780-0842 高知県高知市追手筋2-5-11 キャッスルガーデンハイツ2F TEL:088-823-8841

高知 矯正歯科 高知市 成人 子供 歯列矯正 矯正治療 噛み合わせ 歯並び 治療/たかはし矯正歯科(高知県高知市)

矯正治療について

子供の矯正治療例

大人の矯正治療例

治療費について

HOME»  矯正治療について

矯正治療の目的

当院では、矯正治療により、様々な不正咬合(悪い歯並び)を改善します。

不正咬合の種類

  • 叢生(乱杭歯、凸凹、八重歯)
  • 下顎前突(反対咬合、受け口)
  • 交叉咬合(噛み合わせが横にずれている)
  • 開咬(前歯で噛めない)
  • 過蓋咬合(噛み合わせが深い)
  • 埋伏歯(歯が埋もれている)
  • 上顎前突(出っ歯)
  • 空隙歯列(隙っ歯)

矯正治療の目的

  • 咀嚼能力の向上
  • ムシ歯、歯周疾患の予防
  • 発音(構音)障害の改善
  • 健全な顎発育の獲得、改善

以上の4つが矯正治療の主な目的ですが、もうひとつ大きな目的があります。それは心理的障害を軽減あるいは除く事です。
個人差はありますが、不正咬合による審美的障害が患者様を内向的な性格へと導いている場合があります。
当院では患者様の持つ心理的側面に対しても心を向けて治療に取り組んでいます。
そして患者様と一緒になって、きれいで健康な歯並びと素敵な笑顔の獲得のために努力して参ります。

矯正治療をはじめる前に

一人一人の患者様によって症状は様々ですし、治療のゴール設定も様々です。
治療を開始する前に、以下の点について検討します。

1.いつ矯正治療を開始するか

来院された時が矯正治療開始時期とは限りません。
特に永久歯列が完成する前はその時点で問題点があったとしても、永久歯列の完成を待ち治療をした方が負担の少ない場合もあります。
一方で、放置しておくと成長発育や永久歯列完成状態に悪影響を及ぼす場合や、現在の歯並びをお子さんがひどく気にしている場合などは、早い段階での治療開始をお勧め致します。
受験や保護者の転勤などについても考慮する必要があります。

2.抜歯が必要か、抜歯しないで治療すべきか

抜歯せずに正常な噛み合わせが得られれば、それが一番歓迎されるべき事は明白です。
しかし、患者様一人一人によって、歯の大きさ、顎の大きさ、上下顎の位置関係、治療開始時期(来院年齢)、外科矯正を受け入れられるか、どこまで改善したいかなど様々です。
全ての患者様を、抜歯を検討しないで満足な結果を得ようとする事には、無理があると考えます。
抜歯するべきか、あるいは抜歯しない方が良い、抜歯をするならば、抜歯数、抜歯部位などについて、診断時によく検討して決定致します。
なお、抜歯につきましては当院では処置できませんので、ご紹介頂いた歯科医院、あるいは連携医療機関などに抜歯処置をお願いする事になります。

3.どのような矯正装置を選ぶか

矯正装置につきましては、一般的な矯正装置の他、患者様のニーズに応じて見えない矯正装置(舌側矯正、リンガル矯正)にも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

4.外科矯正を併用すべきか

上下顎の大きさ、位置のずれが大きい場合は、矯正治療だけでは治療ができない場合があります。
そのような場合は、外科的に顎の位置を変える、大きさを変える事になります。
連携医療機関とのチームアプローチで対応させて頂きます。
当院は、顎変形症保険診療所です。外科矯正を併用される患者様は保険治療となります。

顎変形症連携医療機関
医療法人薫風会 毛山病院形成外科    高知市知寄町1-2-2 TEL:088-883-0515
高知大学医学部附属病院 歯科口腔外科  高知県南国市岡豊町小蓮185-1 TEL:088-866-5811

5.矯正固定用に歯科矯正用アンカースクリューの使用が、患者様にとって利益があるのか

骨内に植立した歯科矯正用アンカースクリューを固定源として、効果的な歯の移動を行います。
この歯科矯正用アンカースクリューの植立は当院で行います。
さらに強固な固定を必要とする場合は、右下に示しますプレート(オーソアンカーSMAP)を植立します。
なおこのプレートの植立は連携医療機関である高知医療センター口腔外科、または高知大学医学部附属病院口腔外科に依頼します(別途費用が必要になります)。


  • 歯科矯正用アンカースクリュー

  • オーソアンカープレート

目立たない矯正について

歯並びは気になるけれど矯正装置が目立つのは嫌・・という方に試していただきたい治療方法です。
(通常のワイヤーでも目立ちにくいです)

ホワイトワイヤーについて


使用中に白いコーティングが一部はがれることがあります。
メタルワイヤーの方が、歯の動きが早い、痛みが少ない等の性質上の違いがあります。
また、治療の中期から後期にかけて、メタルワイヤーの使用が必要になることがあります。
歯並びの状態を見て、説明させていただきます。


  • セラミックブラケットにホワイトワイヤー

  • コンポジットブラケットにメタルワイヤー

舌側矯正(リンガル矯正)について

舌側矯正は、歯の裏側にリンガルブラケットを装着して矯正治療を行います。
目立たないという利点がありますが、表側の装置に比べてしゃべりにくい、治療期間が長くなる、高額であるという欠点もあります。ご相談下さい。


  • STB ブラケット

  • Incognito ブラケット

マウスピース矯正(クリアライナー、Invisalign)について

取り外しが可能な、マウスピース型の矯正装置です。
透明で目立ちにくいという利点がありますが、重度な症例には適応できない欠点もあります。ご相談下さい。


マウスピース矯正

Page Top